ロック/ラウド/メタル・WEBマガジン
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS | EVENT
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS

【第1回】HALORINGインタビュー

"LOUD"したくなる次世代バンドを集めたライブイベント"LOUD STREAM"に連動してコラムをスタートさせました!
 
バンドマンがバンドマンへインタビューすることにより、舞台裏の面白さやアーティストの本音を、たくさん引き出していきたいと思います^ ^
 
 
第一回目のインタビューは!!!
MAKI、TONYによる第1期を経て、新たにSEIYA、K、WATARU加入により第2期として2017年に活動開始をしたHALORING!!!
 


MAKI(Vo)TONY(Gt)K(Ba)
インタビュアー:yurica(LAST MAY JAGUAR Vo)
 
 
MAKI、TONYによる第1期を経て、新たにSEIYA、K、WATARU加入により第2期として2017年活動開始。
 
-新メンバーを迎えてついに始動した第二期!まずは復活おめでとうございます!3月頃には新ビジュアルが発表になってたけど・・・初ライブは8月5日だったね!
 
TONY:発表したのは3月なんだけど、新メンバーは去年末には決まってたかな。準備して準備して・・ってその割にまだ間に合ってないところもあるんだけど(笑)ステージには出ないマニュピレーターも1人加わっての新体制です。
 
-いきなり大所帯だね!今回出した2曲の新曲は誰が書いてるの?・・・暗いよねぇ・・・(笑)第一期は森って感じだったけど、第二期は樹海っていうか・・・
 
一同:(笑)
MAKI:もともと暗いけどさらにね(笑)
 
TONY:今回リリースした「呼ぶ声」と「粗探」の2曲は俺なんだけど、第二期からは作曲者を増やそうと。今まで作曲者が俺一人だったから、それぞれ得意なジャンルがあるから、タイプを増やせればなと思ってる。
俺は一応、POP担当というか。でも暗いけど(笑)
 
-メロディアスだけどだいぶヘヴィよ!!?(笑)
 
TONY:POPではないか(笑)ヘヴィだけど、ピアノ入って、ストリングス入って、メロディアスな曲の担当が俺。もう一人SEIYAっていうギタリストが加入して、SEIYAがメタル担当、マニュピレーターのWATARUが今風なアニソン系担当。
 
-へ~!いまMVであがってるのだとダークな世界観だけど、アニソン風な曲とかもやっていくの?
 
TONY:こだわらずいろんなバリエーションの曲をやっていきたいと思ってる。
MAKI:LIVEは暗いけどね。MCがない。
 
-MCがないんだ!それはある意味特徴的だね!
 
MAKI:そう、雰囲気重視で。
 
-歌詞を書くのはMAKIさんとのことで、どうやって書いてるの??例えば、わたしはメロディと歌詞をどっちも書くから、大まかには一緒に書くことが多いんだよね。MAKIさんはどうしてるのかなと思って。
 
MAKI:作曲者がTONYさんのとき、9割がた世界観を作ってくるんですよ。すごくメロディにこだわりがあるし、そこを忠実に再現して。ちょっとでもずれると「それ違う」みたいになる。忠実に再現しつつ、自分でもやりやすくしつつ、バランスとりながら。でもテーマを渡されているわけではないから、それは自分で想像しながら、まずワンフレーズだけできて、そこから広げていくパターンが多いですね。
 
-新曲「呼ぶ声」「粗探」で言えばどこから?
 
MAKI:どちらもサビからですね。サビのフレーズから広げていきました。サビの頭って大事なので、そこが出てくれば早いんですけどそれまでに時間がかかる。
 
-歌詞を書く時って「書くぞ!」って書くタイプ?それともお風呂とか入ってて「出てきたー!」ってなるタイプ?
 
MAKI:yuricaさんどっちですか?(笑)
 
-わたし?(笑)わたしはお風呂(笑)
 
MAKI:わたしもそっちタイプで(笑)電車乗ってるときとか、家でぼーっとしてるときとか、寝る直前に「あぁきた!」みたいな。
 
-わかるー!(笑)曲作りにおいて大切にしていることは?
 
MAKI:第一章の世界観を崩さないようにしてる。
TONY:そうだね、あと、全曲美メロであること。一回聞いたら覚えられるような、でもコード進行はひねって他のバンドにないような。
 
 
-MVもすごい雰囲気あるよね。Kさんのビジュアルも!
 
K:MVでは一瞬血だらけで出てます・・・
TONY:ちなみにあの場所は群馬県です。しかも場所無料の場所!
 
-すごーい!あの雰囲気で!!バンドマンにありがたい情報(笑)MVはどうやって撮ったの?他のバンドのMV制作事情って気になる!
 
TONY:ドラムセットだけ借りて、あとは自分の機材持っていって。カメラマンひとりだからカメラはほぼ1台と、ドローンを使った。
MAKI:カメラマンさんが、絵コンテの時点から一緒にいろいろ作ってくれる人で。こうやったらモデルシーンが映えるとか、物語がつながるとか言いながら一緒に作りました。
 
-アーティスト写真は?
 
MAKI:あれはまた別で、茨城県。風車がある海沿いで、撮影が2月だったので寒さを想定してわたしは毛皮羽織ったんだけどTONYさんはタンクトップで。
TONY:クッソ寒かった(笑)
MAKI:後ろからさす光は編集なんだけど、HALORINGの雰囲気を出すのに入れてもらいました。その撮影で車が砂浜にハマって。。みんなで車を押すことによって新メンバーとの一体感が生まれました。
 
 
-Kさんは新メンバー組ですね!
 
K:でも実は、第一期のときにサポートで参加してるんですよ。そこからの加入で。もともとはラウド系バンドとか、ヴィジュアル系バンドをやっていました。
初女性ヴォーカルバンドです。
MAKI:女ヴォーカルだと、男性のお客さんが多いじゃないですか。でもHALORINGはヴィジュアル系の面もあるし、男性ファンと女性ファンを混ぜこぜにしていきたいです。ヴィジュアル系のイベントにも出ていきたいと思っています。
 
-今後の活動は??
 
K:ライブをいっぱいやっていきたいです。新メンバーとして頑張っていきます。
MAKI:そうだね。新メンバーみんなキャラが濃いので、仲良くなってもらって(笑)たくさんの人がライブに来てくれたらいいな。
 
-10月9日はわたしの主催イベントにも出演してくれるHALORING!これからの活動にも、10/9のライブにも期待大!!
 
 
Music Video :

 
シングル「呼ぶ声」「粗探」WEB配信限定発売中!
http://www.haloring.info/music
 
Official Site :
HALORING
 
Interviewer

■プロフィール

【yurica】
ロックバンド LAST MAY JAGUAR のボーカル、作詞作曲。Victorより1st Album「Ready for ...」にてメジャーデビュー。猫好き。

Official Site :
LAST MAY JAGUAR