ロック/ラウド/メタル・WEBマガジン
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS | EVENT
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS

|| COLUMN ||

【第5回】O-WESTワンマン開催に向けて (atsusix)

どうも!
REASTERISKの上手ギターで、作曲&デザインと我儘と打ち上げを担当してる太陽神ことatsusixです!
 
9月22日の金曜日に渋谷TSUTAYA O-WESTで行われるREASTERISKのDEMIGODワンマンツアーファイナルについての意気込みという事ですが、ちょっと自分の事を振り返ってみようかな。
 
REASTERISK結成当初の4年前、俺は60歳のオヤジを亡くしましてね。
俺のオヤジは所謂日本の典型的なサラリーマンだったのよ。
学歴などないから朝から晩まで家族の為に身を粉にして働いて、無理が祟り体を壊しながらも働き続けた結果、突然死んだ。ホントに突然だった。
その時棺桶で眠るオヤジの顔を見て「オヤジの人生は幸せだったのかな?」って。
自身の画家と言う夢を諦め、家庭を最優先にして働きに働き続けて体壊して死ぬってさ…。
俺の中でオヤジはやはり偉大で、感謝してるし死ぬ程迷惑かけたし、俺には到底真似出来ないけど、オヤジはもっと自分の好きなように生きても良かったのではないか?と思った。
そしてこれはオヤジが俺に身をもって示してくれた教えなのかなと、後々になってポジティブに捉える事が出来るようになったんだよね。
人生一度きりって言葉の意味が本当にわかった気がしたんだよね。
やりたい事をやり続けるのは、やりたくない事もやらなきゃいけなかったりするけど、ともすれば何事にも保守的になってしまい、やらなくていい事まで一応?念の為?やっておいたり、常に将来の事を考えて考えて考えすぎて、常に現在を犠牲にして生きている…将来の為?家族の為?時間だけが過ぎていき気付いたらもう…なんて人生の結末嫌じゃない?何の為に生まれて来たのか?明日死ぬかもわからないしね。
かつての同志達も今ではバンド辞めて結婚して子供がいてマイホーム買って幸せになってたりします。それはそれで凄く大変な事だと思うし立派だし素敵な人生だと思うよ正直。
俺は10代の頃から食えないバンドをずっとずっとやってるから、家庭を持ち幸せを手に入れたかつての同志は「まだバンドやってるんだぁ〜!笑」とか、プライベートで会う人の中には「え、その歳でバンドってまさかメジャーデビュー目指してるの?」とか、言われちゃう。
恥ずかしい。悔しい。でもいつか見返したい。
 
お前らが捨て去ってしまった夢に俺は未だにまだしがみついている。むしろ、みんな捨てたからこそ意地になってしがみついてるのかもしれない。そして、その夢は俺が預かったから!くらいの気持ちでいる。
そして人生一度きり、って言葉、今の世の中常套句みたいになってるけど、本当にその意味を噛み締めて毎日を過ごして行きたいと思う。
 
無謀だ何だの言われるけどこれが俺たちの決めた挑戦、俺たちにとっての大舞台、O-WEST。
そしてO-WESTがREASTERISKの幕開けだと信じてる。
だからメンバー全員で一丸となってそこへ全力を注ぎます。
そこからかっ飛ばすから是非とも皆さん目に焼き付けに足を運んでもらいたいです!!
 
O-WESTで待ってます!!!
 
 
atsusix@REASTERISK

■プロフィール
【REASTERISK】
東京を中心に活動中の紅一点ヘヴィロックバンド
前身バンド inchworm (インチワーム)のギター Atsusix、ドラム Cota により2013年に結成。その後、サイドギター MKT、ベース KT、そして、ボーカル NANA がオーディションにより加入し、2013年3月にデビュー曲「vacant utopia(ヴェイカントユートピア)」を発表。2016年、1st Full Album "Gene to Survive" をリリースし、レコ発を兼ねたワンマンライブ(吉祥寺 CRESCENDO)は SOLD OUTとなる。2017年4月16日(日) 渋谷 CYCLONE にて、2度目のワンマンライブを行い、SOLD OUT と成功を収める。
 
Official Site :
http://reasterisk.net/
 
紹介ページ:
REASTERISK