ロック/ラウド/メタル WEBマガジン
TOP | ARTIST | COLUMN | INTERVIEW | NEWS
TOP | ARTIST | COLUMN | INTERVIEW | NEWS

|| COLUMN ||

こんにちは。
 
北海道で Phantom of sorrow と言うバンドのギターを弾いております、KIYA-HENと申します。この程、このLOUD EXPRESSにコラムを書かせて頂くことに成りました。よろしくお願いします。m(_ _)m
 
さて、何を書こうかな?ってところから、ここ最近自分でも気になってるレコーディングについて…。
 
ここ数ヶ月毎月のようにレコーディングしてるんですが、アマチュアバンドや、ウチみたいなビンボーなインディーズバンドは、メジャーの連中が使うような高級スタジオでスタッフ揃えてRECなんて事は、まぁ稀なわけです。
そうなると、所謂宅録の延長上で、どうやってハイクオリティーな音源を制作するかってことになります。

【第1回】必要な機材

さて、宅録の延長とは言え、何も機材がないとどうしようもありません。
最低限必要な機材を揃えましょう。
 
1:PC
とにかく、最新版のPCを揃えることをお薦めします。
今はショップモデルなどで、3〜4万でも新品が買えます。
PC/ATを使う人は、OSも考慮して出来るだけ新しいもので、メモリーが沢山積めるものを選んで下さい。
あと、USB3が付いてるか?これは意外と重要です。
逆に、グラフィックカードとかはそこそこで良いです。ゲームするわけじゃないんで、必要ない機能は要りません。
Macの人は1〜2年前のモデルでも十分使えますが、メモリーは最大まで増強しておいて下さい。
最近はiPadって選択肢もあるようですが、ちょっと本格的には使いづらいので今回は考えません。

2:DAWソフト
これも沢山あります。
無料で使えるやつもありますが、無料のやつは多チャンネルの同時録音が出来ないものや、録音できても、トラック数に制限があるなど、何かと混んでくると使えなくなります。
ここはちょっと奮発して有料ソフトを買いましょう。
ウチでは、10年ほど前にCubaseを買ってしまったのでそのまま今でもCubase使ってますけど、今なら安くて使い良いのはSTUDIO ONEでしょうね。
ダウンロードで購入できて、アーティストバージョンだと2万円でお釣りが来ます。

3:インターフェース
色んなメーカーから出てますので迷うと思います。
ドラムを録音する事を考えると最低でも4chは欲しいです。
しかし、多くの安いインターフェースは2chなんですよね。
FOCUSRITEとか、PRESONUSとか、ROLANDとかを思い浮かべるでしょうがどれも高い。w
で、色々探したんですが、今だと BEHRINGER の UMC404HD が、1万円で買えて4chです。
2万円まで出せるなら TASCAM の US-4x4-SC とかもあります。
まぁとにかくチャンネルは多いほうが良いので、ウチではRolandのUA-101の中古を探して使ってます。
スペア入れて2台所有してるんですが、最大10ch使えるんで、何かと重宝してます。
ドラムを録るときは、コレにアナログミキサーを繋いで、マイクを繋いでます。

4:マイク
何を録るかでマイクも変わります。
楽器用としてポピュラーなのは、SHURESM57Betaでしょうね。
なんせ安いし、一定のクオリティーは保てるのでプロにも人気があります。
数本欲しいところです。
 
ボーカル用としては、概ねコンデンサーマイクでしょう。
これも色んなメーカーがあるんですが、1〜2万程度のモデルで十分です。
ウチでは、audio technica の AT2020 という安いコンデンサーマイクと、RODE の NT2 と言う4万円位のマイクを使ってます。
あとできれば、専用のマイクプリが有った方が幸せになれます。
 
他にはドラム専用マイクセットってのもあります。
57betaで録れないことはないんですが、AKGやAUDIX辺から、3万円切ってドラム用に特化したマイクセットが発売されてます。
ウチでは、AKGのDRUMSET SESSION Iと、57beta、オーバーヘッド用に RODE の NT5 と言うマッチドペアを混ぜて使ってます。
 
5:その他
ヘッドホンとか、ケーブルとか、マイクスタンドとかの小物が結構必要です。
ヘッドホンは密閉型のやつを自分用とプレーヤー用に2つ。
延長ケーブルも有ったほうが良いですね。
そして、ヘッドホンアンプか、ヘッドホンセパレーターが必要です。
ケーブルは、キャノンケーブルが数本あれば間に合うと思いますが、PCとインターフェースを繋ぐUSBケーブルなど、必要なケーブルは都度変わります。
マイクスタンドなどは、スタジオで借りる事もできるでしょうから、自分で用意しなくても良いかもしれません。
レコーディングの場所やパートによって必要なものも変わってきますから詳細は割愛しますが、下調べをして現場でなにかが足りなくて焦るなんてことは避けたいですね。
オレは以前、現場でUSBケーブル忘れてインターフェースが繋げなくて泣いたことが有りますけどね。w
 
これで取り敢えず音は録れます。
しかし、実際やってみるとコレだけじゃ足りないんですよね〜。
何が足りないかは、パートごとに検証します。

■プロフィール
2005年:HMバンド「MARVERICK」にてCDデビューし、香港・ドイツ等の海外興行を成功させる。その後、地元札幌にて来札するの国内外の著名アーティストのOAやサポート・共演をこなし、ジャンルやスタイルに拘らない自由な活動を行う。 
2006年:女性ボーカルのPOPバンド「鈴音」の活動を通して、SHINJIと知り合う。 
2008年:ベースのSHINJIと共に「Phantom of sorrow」を結成。