Webzine for ROCK / LOUD / METAL
 
 |  COLUMN |  INTERVIEW |  NEWS |
COLUMN | INTERVIEW |  NEWS |  
 

【第33回】マイケル・シェンカー・フェストを見た!!

こんにちは、毎度のKazです。
台風が連続で来る季節になりました。
台風と言えば、今年はベトナムで会った台風と、日本で再会するという奇跡を起こしまして。
最初会った時はまだ生まれたてだったので「大きくなったねぇ〜」という親戚の子供のような気分で迎えましたが、いざ会ってみたら、もう小遣いやるから帰れって感じでしたね。
子供が帰った後の事を「嵐の後のよう」なんて表現しますけど、すごくよくわかった気がします。多分違うんですけど、なんかよくわかってしまいました。
 
さて、今回のお題は9月のハイライトの一つ!!
ギターリストの神。
Michael Schenker Fest in 東京国際フォーラム!!
 

マイケル・シェンカーさんを知らない人に簡単に説明!
ドイツ人で白黒のフライングVがトレードマーク。
美しいソロと豪快なリズムギター。
ワウの半開きやネックベンドによる独特のニュアンスは、他の追随を許さない!
ナイーブな部分もあり、ライブの途中でギター投げて帰ったり、何なら予定していたスケジュールごとなくなったりする。
でもそんな所も魅力的だというファンも多し。
現在、DEAN GUITARSの自身のシグネイチャーモデルを使用。
なおいくつかある中で、白黒ファイヤーパターンのそれは僕も使用(写真参照)。

ガラスの飛翔神という名に全てが詰まっている、ハードロックギターの世界的レジェンド!
 
経歴としてはScorpionsからUFO に加入。
その後、自身のバンド MSG(Michael Schenker Group)を立ち上げ、今はMSF(Michael Schenker Fest) にて活動中。
 
んで、今回はそのMichael Schenker Festで来日!
詳細なライブレポはあちこちでプロの手で書かれているので、そちらを見て頂くとして・・。
今回は僕の視点で幾つか。
 
まず前提として、その辺の時代だと我々の世代は後追い世代です。
ギターに興味を持って、弾き始めて、色々なギターリストを知るようになってマイケル・シェンカーって人がすごいらしい!という事で聞いたのがソロ(MSG)での1作目、伝説の名盤「帰ってきたフライング・アロウ」1980年。
 
初めて聞いた当時ですら30年前の音源だったので、正直、音は古いし、最初はピンと来なかったのですが、まずはコピーしてみよう!という事で若かりしKazさんはやりましたよ。
 
「Armed And Ready」
「Into The Arena」
そして‪マイケルシェンカーが在籍したUFOの曲。
「Doctor, Doctor」
「Rock Bottom」
 
弾いてわかる凄さ。フレーズの奥深さ。
同じ音を弾いているハズなのに、全然雰囲気違う!
なんでやー!
 
取り立てて難しい訳ではないので、弾くだけならすぐ出来る。
その先のニュアンスと、なんかグッとくる感覚は誰にも真似できない。
そしてソロの美しき旋律。
なんでその普通のコード進行でそうなるのだ。
やはり神か。
 
ちなみに今年2月に発売されたスタジオアルバム「RESURRECTION」でも健在。
リードトラック風の「warrior」が雰囲気最高なんですけど、個人的に「The Girl with the Stars in Her Eyes」のギターソロ後半はシェンカー節炸裂!
流し聞きしていたら衝撃が走りました。
フレーズ、チョーキングの溜め、フィーリング。
その瞬間、ここ数年で感動したギターソロBEST3に見事ランクイン!
神様!
 
そして「Messin' Around」は、ドライブとかに最適な軽快なロックンロールで好きです!
あー!もう皆このアルバム買おう!!
そしてコレを肴に飲み行こう!
そうしよう!!!
 
そして、先日の国際フォーラムのライブでは、今回挙げた楽曲を、もれなく全部やってくれて涙ちょちょぎれました。
そして時折入るベースの「コンニチハートーキョー!」以外は、新旧織り交ぜた実に‪2時間40分ぶっ通しの演奏!
 
凄まじいボリュームで、初めてリアルタイムに追いついた瞬間でした。
感無量!
 
なお、ボーカル参加の‪グラハム・ボネットにも追いつきました。
レインボーとかアルカトラスとか・・・。
‪リッチー・ブラックモア、イングウェイ・マルムスティーン、スティーブ・ヴァイ、‪クリス・インペリテリ。
僕の好きなギターリストのプレイと共に、グラハムさんの声を聞いて育ちましたからね!(俺なぜか速弾き屋さんには育ちませんでしたけど)
ライブで見られて最高でした。
 
そんなシェンカーを支えるギターといえば、我らがDEANギター!
今回は会場にDEANブースが設置されていて、彼のモデルがずらっと並び、壮観でした。
あんなにフライングV見ないですからね。
どれもカッコよかったです。
 
エッジを抑えた中域の豊かな音の中にも、芯がとてつもなく強く抜けるサウンドはフライングVならでは!
そして俺はそんな彼のフライングVに、5150でエッジを立てたサウンドを駆使してVorchaos初期の楽曲を作り上げました。
いやーV熱が再燃したな。V欲しい。
 
そんなこんなでMichael Schenker Festのライブは、人生の中でも記憶に残りまくる最高な1日でした。
こういう事がある度に音楽好きで良かったと思えます。
 
そしてもらった分はしっかりギター弾いて、この感動を伝えていく側だとも思うので、張り切って表現していこうと思います!
Armed And Ready!
な感じで今回はここまで。また次回!!
 
 

【レギュラー番組】公開生放送!
レインボータウンエフエム 「A-Line Music Radio」
毎週金曜日22:30~23:00生放送
パーソナリティ:Vorchaos、Amiliyah、IBUKI
 聴き方:パソコン、スマホにて全国どこから聴取可能
1.サイマルラジオ 
2.アプリ「Listen Radio」
3.USTREAMにて映像同時配信 
4.スタジオ前にて観覧可能です。
http://a-linemusic.com/a-linemusicradio/

【Vorchaos Live Schedule】

 
Vorchaos Proudly Presents
“Vortex of KAWASAKI!!”Vol.10
2018年10月8日(月・祝) 川崎セルビアンナイト 
OPEN 16:30 START 17:00
前売3,000円、当日3,500円(D別)
Act:Vorchaos、Unveil Raze、LOKA、INTERAGE、AllS
 
チケット:入場順1、2並列→3→4
1.手売り
2.e+ チケット購入
3.Vorchaos 予約フォーム
4.当日券
 


 
MusicBar LANDS ROCK 5th Anniversary Live & DJ Fes
10月13日(土) 大塚Deepa
OPEN23:30 START24:00 CLOSE 5:30
ADV.¥3,000 DOOR ¥3,500 D別
Alice in Hell
Vorchaos
Given by the Flams
HeavensDust
LANDS (スペシャルセッションバンド)
Vo/SORA(ex-INO HEAD PARK) Gu/KEN(ex-D-SHADE) Ba/渡辺ゆう Dr/Hyu-ga
DJ:HIDE、DJ狂犬、
DJデスヲ@TAKE NO BREAK
TOYOKI
Fin
Sana
チケット: Vorchaos 予約フォーム
 



CHIROLYN~ROCK形態 全国ツアーROCKERS MANIA 2018
「RETURN OF THE WHITE DEVIL」
【Happy Rock’n’Roll Birthday Live】
10月14日(日) 東京 高田馬場 CLUB PHASE
Open17:30/Start18:00 (開場開演時間は多少の変更になる可能性もあります) 前売3,500円/当日4,000円(税込・1ドリンク代別途)
w/Vorchaos/RANUNCULUS
チケット: Vorchaos 予約フォーム
33rd Anniversary 【CRAZY DIAMOND vol.17】
10月19日(金) shinjuku ANTIKNOCK
OPEN17:00/START17:30 ADV¥2,500+1D(¥600)/DOOR¥3,000+1D(¥600)
Act : exist†trace / Vorchaos / INTERAGE / nilfinity / Luz Berry Trap / 蟲の息-MUSHINOIKI- / DOROTHY DOLL
チケット 入場順:プレイガイド→メール予約→当日券
e+ https://goo.gl/raFfQJ
LivePocket https://goo.gl/sfBk9S
 



<エム・エー・ディー企画5周年記念企画 VIVA MUSIC! 2018>
10月28日(日)
開場14:30 開演15:00
会場:倉敷REDBOX & 倉敷クッキージャー (同時開催)
料金:※各会場1ドリンク別
◎REDBOX STAGE 前売3,500円 当日4,000円
◎クッキージャーSTAGE 前売3,000円 当日3,500円
◎2会場共通FREE TICKET 前売5,000円 当日6,000円
※Vorchaosは両方のステージに出演します。 (クッキージャーはアコースティックスタイル予定)
《REDBOX STAGE》 Vorchaos/CIMBA/mimika/Lugz&Jera/千里/真之介/69つかず/TORAUMA/Dance Team MINTIA ※クッキージャーSTAGE出演者の飛入り有り 《クッキージャーSTAGE》 馬原美穂&Nosuke/松本隆博/オオザカレンヂkeisuke/西田夏美/YsBirdイベントチーム「Aineaseアイネイアス」 Vorchaos(アコースティックスタイル) ※REDBOX STAGE出演者の飛入り有り
チケット: e+、下記店舗にて発売。
取扱い店舗: TSUTAYA十日市店/倉敷RED BOX/倉敷クッキージャー/エム・エー・ディー企画 ※入場順 ① イープラス購入FREE TICKET ② イープラス購入各会場TICKET ③ 取扱い店舗購入FREE TICKET ④ 取扱い店舗購入各会場TICKET ⑤各アーティスト予約TICKET
 


A- Line Music presents 「The Trinity」
渋谷 TSUTAYA O-WEST
2018年11月18日(日)
OPEN 16:45 START 17:30
Act:Vorchaos、Amiliyah、IBUKI
http://a-linemusic.com/a-linemusicradio/ow/
 
前売チケット:
前売¥4,000/当日¥4,500(ドリンク代別)
前売+DVD付チケット¥5,300(ドリンク代別)
前売+Tシャツ付チケット¥6,500(ドリンク代別)
前売+Tシャツ+DVD付チケット¥7,500(ドリンク代別)
チケット:
1.手売りチケット(A001〜) 
2.ローチケ(Lコード:70336)〜10/21(日)18:00
http://l-tike.com/order/?gLcode=70336
3.メール予約(当日引き換え) 
 


 
【The Royal×Sable Hills Japan Tour 2018】
11月25日(日) 渋谷GARRET
OPEN17:00/START17:30
ADV¥3,300+1D(¥600)/DOOR¥4,300+1D(¥600)
The Royal (オランダ)/ Sable Hills/ IN FOR THE KILL/ Unveil Raze /HONE YOUR SENSE /Vorchaos
チケット:入場順 1→2
e+ https://goo.gl/gMDzmc
2.Vorchaos予約フォーム goo.gl/XJqxWo
Vorchaos One-Man-Live 〜新世界〜
2018年12月2日(日)渋谷CYCLONE
Open 17:00/ Start17:30
前売¥3,000(税込/ドリンク別) 当日¥3,500(税込/ドリンク別)
チケット:
1.手売りチケット
2.e+にて発売
3.Vorchaos 予約フォーム
4.当日券
 



THUNDER SNAKE 16th ANNIVERSARY
YEAR END FESTIVAL-2018- 『 雷蛇PARK !!! 』
2018年12月30日(日) 厚木THUDER SNAKE
OPEN17:00 START17:30
ADV.¥3,800 DOOR¥4,300 +Drink
Act:NoGoD / Vorchaos / DARRELL / Mardelas
Tickets:入場順1→2→3→4
WEB先行予約:9/29(土)0:00~10/05(金)23:59
http://www.artpop.org/ticket/t09291005.html
2.一般発売:10/27(土)~e+にて発売
3.アーティスト予約 
4.当日券
 
 
このほかの予定はオフィシャルサイトをご覧下さい。
 

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。

【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。

【第1回】自己紹介
【第2回】ギターアンプについて
【第3回】日本のギターも素晴らしい
【第4回】バンドマンと楽器プレイヤー
【第5回】久しぶりにCDを買うと・・
【第6回】バンドにとってのワンマンライブ
【第7回】ラウドロックというものについて
【第8回】続けること
【第9回】僕の愛機はDEAN GUITARS。
【第10回】DEAN vs S7G 渋谷バトル!
【第11回】楽器メーカーの想い,プレイヤーの想い
【第12回】メジャーデビュー!&コラム1周年!
【第13回】Vortex が Chaos なんだぜ。
【第14回】Vorchaos的メジャーとインディーズの違い
【第15回】ツアーの醍醐味
【第16回】エフェクターの話
【第17回】ドクターマーチンの話
【第18回】ギターインストの楽しさ
【第19回】アルバムのリリース・ツアーってさ。
【第20回】ベトナムでロックした話
【第21回】その人にしか出せない音という境地
【第22回】岡山でマーティーさんと共演した話
【第23回】やれる時にやっといたほうがいいんだなって話
【第24回】今年もお世話になりましたご挨拶的な
【第25回】今年もよろしくお願いします
【第26回】メジャーデビュー1周年ライブをやったのさ
【第27回】ラジオ番組始まるってね
【第28回】ラジオの話
【第29回】オランダのバンドとツアーした話
【第30回】韓国でメタルした話
【第31回】ギターピックの話
【第32回】再びベトナムでロックした話
【第33回】マイケル・シェンカー・フェストを見た!!