Webzine for ROCK / LOUD / METAL
 
 
 |  COLUMN |  INTERVIEW |  NEWS |
COLUMN | INTERVIEW |  NEWS |
 
 

【第30回】韓国でメタルした話

こんにちは、毎度のKazです。
日本も梅雨入りしました。
楽器も湿気の影響は大きいみたいで、雨の日はややウエットな音、晴れた日はカラッとした音がします。
その日の天気に左右されるのも難儀ですが、やはり木でできてるんだなーという事が良くわかりますね。
 
そんな梅雨入りした日本を一時離脱して韓国に行って参りました!
 
 
6月9日(土)韓国のソウル、Prism Live Hallで開催されたNo Mercy Fest. Vol.8に出演してきました。Vorchaosとしては初韓国!!
 
まず今回のフェスの説明から・・・。
以前来日公演の際に共演した、HAMMERINGが韓国で開催するフェスで、今回で8回目!
前回のヘッドライナーは日本が誇るOUTRAGE!
今回はVorchaosがヘッドライナー!
 
主催のHAMMERINGは確かなテクニックに裏打ちされたストレートで王道のメタルサウンドと、セウォル号の悲劇などメッセージ性の強い楽曲で、韓国のシーンで確固たる地位を築いている韓国メタル界の巨星!
 
前回でも書きましたが、国ごと違う環境でこそ、バンドの真価は問われると思ってライブに向かいました。
特に日本のバンドは1つだけでしたからね・・・。
どんな訪韓になるか楽しみかつ、ドキドキでしたよもう。
 
僕とDrumのUSHIはそれぞれ以前韓国に行った事もありましたが、ライブハウスシーンは未知の領域!
でも、国の音楽の土台はそういう所にこそ在る!
オファーを受けた時点でやはり今回の韓国は外せなかったですね。
 
そういう所に飛び込んでこそ得るものも大きいし、何よりそれこそVorchaos!
 
なーんて構えて行った所・・HAMMERINGメンバーのお気遣いにより、言葉の壁も、コミュニケーションの問題もなく、通訳スタッフ、さらに物販スタッフ、メディアインタビューや焼肉弁当、唐揚げ食べ放題ビール飲み放題!!など、もう何も言う事はない環境を作ってくれて、万全の状態でのライブとなりました。
 
本当に有難かった。。感謝してもしきれない。
 
前打ち上げでもバンドマンがどんどん集結。
アツい。辛い。お互いの国の音楽トークで盛り上がる!ヤンニョム唐揚げとか超辛い。
辛くて話入ってこない時もあったけど、とにかく美味い!
あとソフトクリーム超長かった。
焼酎うますぎ。
その辺の旅の道中のアレコレは是非Twitterを見てくださいな。
 
そうして迎えたフェス当日は、向こうのメタル&ラウド系のバンドが世代を越えて幅広く出演。
しかも皆上手い!
かっこいいじゃないかコリア!鉄板のコリア参ったね!!
 
Vorchaosに対してのフロアの反応は、最初は様子見という所でスタートした感はあるのですが、徐々に熱が上がっていき、最後は大盛り上がり!
受け入れてくれているのがすごく伝わりました。
アンコールも頂き大盛況で終了。嬉しかったです。
 
 
向こうで彼らからよく聞いた言葉。
 
「韓国のロックシーンは死んでいる」
 
確かにクラブ系やアイドルが強い国ですから、ロックは元気なく見えるかもしれません。
環境や地合いが悪い中動くのは大きなエネルギーも必要な事と思います。
でも!そんな逆境の中でこそ輝くのがロック!!
 
少なくとも今回会った人々は心から音楽を、楽器を、バンドを愛する人々でした。
音楽を通じて、国を越えて出会えた人々。
死んでないよ!君達が韓国のロックそのものじゃないか!
 
と、声を大にして言いたかったのですが、ヤンニョム唐揚げとサムギョプサルが美味すぎてうまく伝えられなかった気がするので、そいつを伝えにまた韓国行きます。
その時には、俺達が日本のロックだ!!と胸を張って名実共に言えるようにしないと。
 
日本でも知名度も、まだまだなVorchaosですが、次行くときはもっと知られているように張り切って活動して行きたいと思います。
最速で、いずれ恩返しするぜ。
 
日本でもそうですけど、行く先々に仲間がいて、現地の人々のサポートがあって公演が成功する。そうして出来た人間関係が次へ繋がって行く。
そのプロセスが本当に大事で、ありがたい事だと実感しました。大きくして行きたいです。
 
あと幕内弁当しようと思ったけど(前回をご参照下さい)、用意された焼肉弁当が美味すぎてそれどころではなくなりました。やっぱ現地の物食べないとね!!
 
そんなこんなで我々の韓国公演は楽しく、沢山食べて、出会って、飲んだ、良き旅となりました。やっぱ行ってみるもんですね。
 
それと韓国のアイドルは有名なグループ沢山ありますけど、バンドもかっこいいの多いので機会があったら是非聞いてみてくださいな。
Vorchaosのラジオで韓国の話と絡めてバンド紹介したりもすると思うので、そちらも是非チェックよろしくお願いします!
 
と今回はここまで。また次回!!
 
 
【Vorchaos 】
Vorchaos Official Website
KING RECORDS Official Website
 
【レギュラー番組】公開生放送!
レインボータウンエフエム 「A-Line Music Radio」
毎週金曜日22:30~23:00生放送
パーソナリティ:Vorchaos、Amiliyah、IBUKI
 聴き方:パソコン、スマホにて全国どこから聴取可能
1.サイマルラジオ 
2.アプリ「Listen Radio」
3.USTREAMにて映像同時配信 
4.スタジオ前にて観覧可能です。
http://a-linemusic.com/a-linemusicradio/
 
 
 
【Vorchaos Live Schedule】
 
ReNYプレオープン・フリーイベント
「音渦-otouzu-SP」
6月28日 (木) 新宿ReNY 
Act:雨ノ弱/Dr.UNDY/HöLDERLINS/Vorchaos/マキアダチ/LIFE CORE FACTORY(五十音順)
OPEN 17:00  START 17:30
入場:¥FREE (D代別途要)
INFO. 新宿ReNY 03-5990-5561
 
 
exist†trace×ANTIKNOCK presents
ROAR IMPACT
2018年7月7日(土) 新宿ANTIKNOCK
OPEN:17:00 START:17:30
ADV.¥3,000  DOOR¥3,500 (+Drink)
exist†trace / Vorchaos / AllS / Sailing Before The Wind / LAST MAY JAGUAR

チケット:入場順1→2→3
1. e+ 
2. ANTIKNOCK店頭
3. Vorchaos予約フォーム
 
 
AllS Presents “ALSALIVE”
2018年7月16日(月・祝) 渋谷Cyclone
OPEN / START 18:00 / 18:30
ADV / DOOR ¥2,500 / ¥3,000
Act:AllS / A Ghost of Flare / Sailing Before The Wind / Unveil Raze / Vorchaos
TICKET:入場順1→2
1. ライブポケット
2. Vorchaos予約フォーム

 
 
このほか、随時追加公演予定有り。

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。

【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。

【第1回】自己紹介
【第2回】ギターアンプについて
【第3回】日本のギターも素晴らしい
【第4回】バンドマンと楽器プレイヤー
【第5回】久しぶりにCDを買うと・・
【第6回】バンドにとってのワンマンライブ
【第7回】ラウドロックというものについて
【第8回】続けること
【第9回】僕の愛機はDEAN GUITARS。
【第10回】DEAN vs S7G 渋谷バトル!
【第11回】楽器メーカーの想い,プレイヤーの想い
【第12回】メジャーデビュー!&コラム1周年!
【第13回】Vortex が Chaos なんだぜ。
【第14回】Vorchaos的メジャーとインディーズの違い
【第15回】ツアーの醍醐味
【第16回】エフェクターの話
【第17回】ドクターマーチンの話
【第18回】ギターインストの楽しさ
【第19回】アルバムのリリース・ツアーってさ。
【第20回】ベトナムでロックした話
【第21回】その人にしか出せない音という境地
【第22回】岡山でマーティーさんと共演した話
【第23回】やれる時にやっといたほうがいいんだなって話
【第24回】今年もお世話になりましたご挨拶的な
【第25回】今年もよろしくお願いします
【第26回】メジャーデビュー1周年ライブをやったのさ
【第27回】ラジオ番組始まるってね
【第28回】ラジオの話
【第29回】オランダのバンドとツアーした話
【第30回】韓国でメタルした話
【第31回】ギターピックの話
【第32回】再びベトナムでロックした話
【第33回】マイケル・シェンカー・フェストを見た!!
【第34回】岡山—倉敷の話