Webzine for ROCK / LOUD / METAL
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS | EVENT |
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS |

【第25回】今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
今年もVorchaos共々、このコラムをよろしくお願いします。
なんとか生き残って新年の挨拶ができる事を嬉しく思っております。
 
年末年始はのんびりしつつ、機材整理や整備等をしました。
 
ギターなんかは常に使っているのでいい状態なのですが、アンプやエフェクターは汚れやら埃なんかが積もっていたりするので、たまには綺麗にしてやるのです。 
普段使う機材はこまめにやると気持ちもよくていい感じです。
 
ところで外側は綺麗にできますけど、中身の方は??
という事で去年試して面白かったデガウスという機材の紹介です。
まさに目からウロコってそれ瞬きしたらコンタクト取れただけやないかーい!!
・ ・・失礼しました。
去年のツアー中にサービスエリアで、Fujiがなかなか戻ってこなくてイライラしたら、なぜか目からコンタクト飛んで行って、まさに目からウロコンタクト。ってやかましいわ。
 
・・・アレなんの話だっけ?
 
そうだ、デガウスの話。
ギターを見てもらいに黒澤楽器さんに言った時に出てきた機材。
Degaussing processor / DP-G1
ギターを繋いだらボタンを押して、しばらくしてギター鳴らしたらビックリ。
「なんかクリアな音になっとる・・・」
 
原理的には、楽器や音響機器も電気を使う為、どうしても帯磁して音が変わっているようなんですね。ギターも弾き込んでいくと音が変わってくるようですし、そう言った変化の一部をリセットする機材、という解釈です。
 
僕のDEAN ICONの場合は、中域のモワッとした部分がなくなってスッキリ、かなりモダンな印象になりました。その手の機材でわかる程音が変わったのは驚きでした。
ただ、音が変わるので、今の音が最高!変えたくない!という人は注意が必要かもしれません。
とはいえ、原理的にはそのまましばらく使ったら、また帯磁して音が元に戻るハズなので、そこまで警戒しなくてもいいとは思いますけどね。
事実、僕のICONさんは、その後音が戻っております。
 
なのでライブ前の外装の清掃や接点のメンテと合わせて、デガウスさんで中身も綺麗にしていい状態で音を出せればベストなんだろうと思います。
しかもアンプやシールド、果てはイヤホンやヘッドフォンまで使えるとの事で興味深々です。5150試してみたい・・・。
 
そんな訳で紹介した割にまだ手に入れていない、欲しい機材No.1のDP-G1、気になる人はG-Life Guitarsで扱っているので試してみる事をオススメします。
僕もゲットしたらまたここでも紹介したいと思いますので、しばしお待ち下さいませ。
 
今年はメジャー一周年から始まり、すでにやる事、やりたい事、欲しいモノと欲に満ち溢れていますので、一個ずつ張り切っていきたいと思います。
 
 まずは2月10日!表参道GROUNDにて、Vorchaosメジャー一周年ワンマン!
張り切って行きますので、是非いらしてくださいませ。
本年もよろしくお願いします。
また来月!!
 
【Vorchaos 】
Vorchaos Official Website
KING RECORDS Official Website
 
 
【Vorchaos Live Schedule】
「”Vorchaosメジャー・デビュー1周年記念” これからもよろしくワンマン」
2月10日(土)表参道GROUND
OPEN17:15 START18:00
前売¥3,000/当日¥3,500(税込/ドリンク別)
 
SHIBUYA THE GAME x IPO共同主催「Salvation is GAME」
 2月25日(日) SHIBUYA THE GAME 
 出演:Unveil Raze, I Promised Once,Vorchaos
 
 
3月4日(日)渋谷 THE GAME
※詳細は追って発表
 
Vorchaos Proudly Presents“Vortex of KAWASAKI!!” Vol.8
3月31日(土) 川崎セルビアンナイト
※詳細は追って発表
 
 
and more…
 

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。
 
【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。