ロック/ラウド/メタル WEBマガジン
TOP | ARTIST | COLUMN | INTERVIEW | NEWS
TOP | ARTIST | COLUMN | INTERVIEW | NEWS

|| COLUMN ||

【第20回】 ベトナムでロックした話

こんにちは、Kazです。
夏も後半。皆様、夏らしいことは出来ましたか?
僕はスイカを頭突きで割るという催しにて、スイカに惨敗しました。
とても悔しかったので、修行して来年出直そうと思います・・。
 
 
さて、20回目となる今回は「ベトナムでロックした話」です。
 
 7月末に5日間ほどベトナムに滞在しました。
日本とベトナムの友好のフェスティバルが目的です。
ベトナムは社会主義国家ですが、比較的自由度の高い発展途上国。
みんな陽気でご飯も美味しく、ビールがうまい!物が安い!
 
そしてこれから経済が発展する気配が濃厚な、エスプレッソのようなベトナム。
あと暑い。とにかく暑い!ので、昼はお昼寝休みが2時間くらいある。
最高かよ。
 
僕の住んでいる神奈川県川崎市は、昔から港を通じてベトナムと友好関係にあり、ダナン市とは特に深い親交がありました。
同じ港町ですからね。
 
そんな川崎市から行った使節団体の中に、音楽部門として紛れ込んだわけです。
 
広い会場にベトナムと日本の会社や自治体や団体がブースを出して、それぞれの特産物を売ったり、観光をピーアールしたり。
そして奥にはでかいステージがあって、ショーをやったりライブをしたり。
そんなフェスです。
 
 
当初、「もしかしたら、なんかギター弾いてもらうかも。」
とは言われていましたが、どんな環境でどのくらいやるかも不明・・。
音響設備があるか不明!
そもそも、電源があるのかさえ不明!
現地に行ってみないと何もわからない!
 
僕はそういう方が楽しみになってしまう変な性分なので、楽しくて仕方なかったです。
 
飛行機で持っていける量で、一通りのことは出来るような装備を厳選!
ギターは僕の誇り!DEANのICON!
アンプは日本が誇るROLANDのMICRO CUBE!(電池駆動)
そして低出力を補う用にXOTICのRC Booster V2!
あとアイフォン。
以上!!
 
最悪、現地に何もなくても演奏できるぜ!
待ってろベトナム!
 
そして到着した会場。
 
でかいステージ!
LEDバリバリの光り輝く照明!
でかいスクリーン!
大出力の音響システム!
 
・・・全部あんのかーい!!
 
 
そして前日になって決まる出演。
 
「適当に明日の昼にサウンドチェックに来てくれ」と言われ、向かう俺。
みんなで昼寝しているスタッフ陣。
 
「Wake up!!」と言ったら
「No!!」とキレられ、
ふてくされて川沿いに行き、路上ミュージシャンになる俺! 
 
群がる子供!若者!おじいちゃん!
 
俺、人気者!!
 
 
夜になり、もうすぐ出番。
消える通訳、助けてくれたベトナム人友達。
スタッフからは
「ステージ右の方、そろそろ壊れる、気をつけて!」
マジか!
 
そして迎えた本番!
爆音のギター!
輝く照明!
何か知らんけど映し出されるスペイシーな映像!
 
でかいステージには俺一人。
ステージめっちゃ、グラグラ!
最高!
 
 
スピーカーから大音量のオケを流して演奏したのは、ロック・アレンジのバッハのカノンと、Vorchaosの「Singularity」のインスト・バージョン。
昨年の「DEAN VS S7G」のギターバトル時に演奏したバージョンです。
レアです。
ギターの音はCUBEのAUX OUTからミキサーに飛ばし、ステージ両側のスピーカーから出したのですが、これがまたいい音でした。
さすがROLAND、JAPANクオリティー。
 
 
ベトナムでは物価が安い分、海外からミュージシャンが来てもチケットが高くてライブに行けないと聞きました。
そして楽器も高くて買えないし、そもそもベトナムにはあまり入ってこないそうです。
 
そんな中、彼らにとってはネット上の存在だった本職のロック・ギターリストは、だいぶインパクトが強かったようで、現地でのライブは大変盛り上がりました。
 
いつかきっとVorchaosでもベトナムライブをしに行くことになるでしょう。
 
海外で唐突にギターを弾く経験も初めてではないのですが。
改めてミュージシャンとしてどうあるべきかを考えました。
また日本を外から見て、より日本という国が好きになりましたし、日本人としてどうあるべきなのかなど、大変得るモノの大きい旅になりました。
 
ニホンイイクニネ。
 
それらをバンドにも追々反映して行きますので、今後の動向も要チェックですぜ!
 
 
そんな感じで今回はここまで!
また次回!
 
 
【Vorchaos 】
Vorchaos Official Website
KING RECORDS Official Website
 
 
【Vorchaos Live Schedule】
 
「PREMIUM ROCK NIGHT  凱旋」
8月27日(日)新所沢 THE ROCK
OPEN16:30 START17:00 ADV.¥3,000 DOOR.¥3,500(ドリンク別)
伊藤賢一[ Bass 水江慎一郎 , Gt KaZ (PaRaDoX) , Dr ふうじ ] / HEAD PHONES PRESIDENT / Vorchaos / MECHANICAL TEDDY
 
Vorchaos Proudly presents“Vortex of KAWASAKI!! Vol.6”
9月8日(金)川崎セルビアンナイト
OPEN18:30 START19:00
ADV.¥3,000 DOOR¥3,500 (ドリンク別)
Act:Vorchaos、Unveil Raze、KASSTRICK BACTERIA
 
MADMANIA 2017 REDBOX Black Stage 10周年特別企画
【VIVA MUSIC!】METAL NIGHT
10月9日(祝・月) 倉敷REDBOX (BLACK STAGE)
OPEN16:00   START17:00 
ADV. ¥5,000  DOOR¥5,500 (ドリンク別)
出演:Marty Friedman /Vorchaos /Unveil Raze 
O.A:XENORMOUS
 
Rie a.k.a. Suzaku Presents Legend of Messiah vol.22
10月19日(木)四谷 アウトブレイク
Open 18:50 Start 19:30
ADV.¥ 3,000円  DOOR¥3,500円(ドリンク別)
Act:Rie a.k.a. Suzaku〈Rie a.k.a. Suzaku(G)/青木コータ(Vo)/Shoyo(B)/實成 峻(Dr)〉
Vorchaos
 
Extreme Dark Night vol.5
11月4日(土)渋谷REX
OPEN 16:30  START 17:00   
VIP席 8,000円 、 自由席 6,500円
Dark Lunacy(イタリア)、Persefone(アンドラ公国)、Ethereal Sin、Vorchaos(O.A.)
 
このほか、随時追加公演予定有り。
 

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。
 
【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。