ロック/ラウド/メタル・WEBマガジン
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS | EVENT
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS

|| COLUMN ||

【第18回】ギターインストの楽しさ

毎度Kazです。
最近すっかり暑い日も増えてきました。
梅雨は湿気がすごいので、バンドマンにとっては辛い時期です。
やっぱり湿気の多い日はジメッとした音になりやすいです。
不思議ですねー。
嫌な時期ですが1年で今しか出ないウエッティーな音を楽しみましょう!
 
さて、バンドでは伴奏楽器としての役割の多いギターですが、音域的にもメインメロディーを張れるお得な楽器です。
 今回はそんなギターをメインにしてしまったギターインストについてです。
 
ギターインストとはギターインストゥルメンタルの略です。
インストゥルメンタルとは、歌のない楽器だけの楽曲、という意味。
つまりギターが主役だぜすげーだろ、な曲のことを言います。
誰もが聞いたことあるといえば、ミュージックステーションのオープニングのやつとかですね。
 
少し前になりますが、僕がDEANアーティストとして出場したS7Gとのギターバトルでは、このギターインストスタイルでプレイしました。
バンド全員で一つのモノに向かうVorchaosとは違って、一人のギターリストとしてプレイするのは己の力量が試される瞬間なので楽しくもあります。
 
ソロを弾くとしたら、ジャズやクラシックでは管楽器やバイオリンなんかの独壇場ですが、ロックやメタルの世界ではギターの独壇場です。
ロック=歪んだギター!ですからね!
ギタリストはとりあえずメタルをやろう!そうしよう!
 
そんなギターインストですが、70年代から80年代にかけてテクノロジーや演奏の進化の過渡期に発展したようです。
それらと共にロック、メタルのギター奏法も発展していったと言われています。
 
そんな中、有名なギターリストの皆様に共通していること。
 
それは
〔他ジャンルでちょこっとだけ使われていた技を大々的に使って有名に!〕
 
例えばヴァン・ヘイレン。
彼は元々ジャズとかで使っていたタッピング奏法をド派手にして、ロックギターの定番奏法に押し上げました。
さらにイングウェイ・マルムスティーンは、これまたジャズの中でもジプシースウィングで使われていたスイープピッキングを、メタルギターの定番奏法に押し上げました。
 
クリス・インペリテリは、カントリーで使われていたチキンピッキングで世界最速を目指し、ベンチャーズはイルカの鳴き声をギターで出すことに成功!
そしてマーティー・フリードマン氏は演歌や日本の歌謡曲をふんだんに取り入れたプレイ!
(一昨年、岡山で一緒にイベント出演させて貰って、間近で堪能!)
 
最近では奏法以外に、リズムを複雑化し変拍子を多用するジェント的アプローチなトーシン・アバシというギターヒーローが出てきたり、常に先に先に進み続けています。
 
そしてギターリストがそれらをバンドに持ち込んでさらに発展!
 
こうしてみると色んなジャンルからのクロスオーバーが大事なことに、書いていて気付きました。おぉ、勉強になるなぁ。
 
ちなみに僕はギターリストなので、ギターインスト大好きです。
Larry Carlton / Room335
SANTANA / 哀愁のヨーロッパ
Jeff Beck / Seasons
とかは、大変に影響を受けました。
日本人でもTUBEの春畑道哉さんの「JAGUAR」とか今でも大好きですし。
他にもDAITAさん、Charさん、布川俊樹さん、小沼ようすけさん、松原正樹さん・・・好きなソロギターリストは枚挙にいとまがないです。
 
 
そんな感じで、ギター好きが先達から受け継いだモノを色んなモノと混ぜ合わせて新しいモノを作って、ギターインストの名曲の歴史はギターリストがいる限り永遠に続くでしょう!
その中の一人として、後世に残るようなギターが弾けるよう張り切ってギターを弾いていこうと思いました。
 
さて、2月からスタートした僕らVorchaosのメジャー・デビュー・アルバムのリリースツアーもいよいよ6月30日にツアー・ファイナルを迎えます。
と、言っても7月以降もすでに各地でのライブが決まっていますが、まずは一旦一区切り。
6月30日は原宿アストロホールでのワンマンで、ギターを弾き倒しますので、ぜひご来場下さい!
(公演詳細は文末をご覧下さい。)
と、こんな感じで今回はここまで!
 
また次回お会いしましょう!
 
 
 


Vorchaos Official Website
KING RECORDS Official Website


 
Vorchaosメジャーデビュー記念ツアー
~Vorchaos 2017~TOUR FINAL(One-man)
 
2017年6月30日(金)原宿ASTRO HALL
開場 18:15 / 開演 19:00
Act:Vorchaos
前売券 ¥ 3,000 - / 当日券 ¥3,500-(ドリンク別)
チケット発売:
アーティスト手売り
2.ASTROHALL店頭
3.e+ 
メール予約 
入場順:上記の1、2、3、4の順
 
公演詳細はオフィシャルサイトをご覧下さい。
www.vorchaos.com
 

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。
 
【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。