ロック/ラウド/メタル WEBマガジン
TOP | ARTIST | COLUMN | INTERVIEW | NEWS
TOP | ARTIST | COLUMN | INTERVIEW | NEWS

|| COLUMN ||

【第13回】Vortex が Chaos なんだぜ。

あけましてKazでございます。今年もよろしくお願いします。
去年は激動の年でした。今年は激動どころか驚天動地な一年になる予定であります。メジャーデビューイヤーという事で、さらに張り切って行きますので皆様どうぞよろしく!!
 
さて、新しいアルバム、その名も[Vorchaos]。
バンド名を冠したアルバムなんですが、そもそも「Vorchaosて何なのよ?」
という方もいらっしゃると思いますので簡単に説明します。
 
Vortex(渦)とChaos(混沌)を掛け合わせた造語で、混沌が渦巻いてなんかすごい、ということで、この2つのワードがVorchaosのポイントになります。
 
今回のアルバムもそれを元にしているのですが、メタル&ラウドを下敷きにしながら、それだけではない要素も盛りだくさんです。
 
だいたいバンドがアルバムを作る時は、最初からコンセプトがある時もあれば、曲がいっぱい出来たので作る時もあれば、家の庭に来るカラスを撃退するのに便利とかまぁ、色々な理由があります。
 
いざ制作に入っても、完成予想図を描きながらも最初は手探りで作って行きます。まさに「まだあったことのない君を、探している。」状態。
 
Vorchaosの今回の場合は、新曲が溜まりつつ、アルバム制作の話が出てきた最中に表題曲【Vortex】が生まれ、そこから一気に制作が進んだ経緯がありました。
バンドなんて勢いなんで、コレだー!というモノが出来たらそれをエネルギーに突っ走る事ができるんですね。
今回のアルバムの方向性を決定付けたと言っても過言ではない楽曲!
 
そしてさらに何曲か完成して来たところで、「君の名は?」と尋ねてみたら
 
ラウドなリフ!
ヘヴィーなグルーヴ!
一筋縄ではいかないドラムパターン!
キャッチーなメロ&パンチの効いたシャウト!
そして派手なギターソロ!
これぞVorchaos!
 
と、言ってきてくれましたので、バンド名から【Vorchaos】と名付けました。
 
 
来月の今頃には世の中に出まくっていますので、みなさんもぜひ聴いて頂き、「コラムで書いてあったアレか!」という感じで楽しんで頂けたら幸いでございます。
 
そんなこんなで今年はこのアルバムを引っ提げて盛り上げて行こうと思います。
このコラムでもVorchaosの小ネタを絡めつつ書いて行きますので、皆様今年も一年よろしくお願いします!
 
今月はここまで!また次回お会いしましょう!
 
Vorchaos Official Website
KING RECORDS Official Website
 
Vorchaos メジャー・デビュー・アルバム発売記念ツアー“Vorchaos 2017”
2017年2月24日(金)渋谷サイクロン(One-Man Live)
このほかのツアースケジュールはオフィシャルサイトをご覧下さい。
 

■プロフィール
【Kaz】Vorchaos(ヴォルケイオス)のギターリスト。主に作曲とアレンジ、コンポーザー的役割を担当。2016年よりDEAN GUITARSのオフィシャルアーティストとなる。
 
【Vorchaos】2017年2月8日にキングレコード/NEXUSレーベルよりメジャーデビュー。メタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。