Webzine for ROCK / LOUD / METAL
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS |
TOP | COLUMN | INTERVIEW | NEWS |

|| PROFILE ||

Vorchaos (ヴォルケイオス)
2010年結成。2012年より現メンバーにて本格始動。多種多様な音楽シーンの中でメタル、ラウドロックをベースとし、無限の可能性を追求。重さと鋭さを併せ持つ攻撃的なサウンドに、事象の持つ二面性や人間の持つ感情の渦を表現した歌詞を伴い、独自のスタイルを構築している。国内のみならず海外での公演も行うなど、ジャンルや国の壁を越えて精力的に活動の幅を広げている。

|| MEMBER ||

Vocal : 淳 → @whitemicjun
Guitar : Kaz → @kaz_chaos , 【コラム】LET THE GOOD TIMES ROLL !!
Guitar : yuzo → @yuzo0211_room
Drums : Masashi “USHI” Ushijima → @USHIDRUM
Bass : Fuji → @VorchaosFuji

|| DISCOGRAPHY ||


タイトル:「Vorchaos」 
発売日:2017年2月8日(水) 
品番:KICS-3458 
価格:¥3,000+tax 
NEXUS/KING RECORDS 
-

 メジャー・デビュー・アルバム "Vorchaos"



収録曲:(全11曲) 
1. Vortex *MV
2. Infinity 
3. LET IT DIE〜おまえに届くまで〜 *MV
4. Unlimited 
5. 遠く・・・ 
6. introduction〜鼓動〜 
7. Abanthrash  
8. Shiny 
9. O.D.ORE 
10. rinne 
11. 名も無き花 



2015.7.3

2nd Album "Singularity"



メタリック、アグレッシブ、メロディアス。
次世代ラウドミュージックの雄「ヴォルケイオス」が放つ 2nd Album!
Singularity=「特異点」とは、ある基準の下、その基準が適用できない点を表した言葉。音楽業界、またラウドミュージックの中にありながら、その基準の中では説明しきれないVorchaos独自のサウンドと、前作で持てる楽曲とアイデアを全て注ぎ込んで一度0になった状態から生まれてきた楽曲達が、宇宙が無から生まれたとするビックバン理論の中で0から1の過程が計算だけでは説明できない特異点である事と重ねている。Vorchaosの現メンバーで初めて0から作り上げたこの作品は、既存の基準に囚われないものであるという意味合いが込められた作品。



1. Singularity
2. lm!
3. -Black Star –
4. 零れ星
5. Alien
6. 光溢れる場所 (※FM浦安「exSTRAM DEAR」7~8月度エンディングテーマ)
7. G.Y.A.H.
8. -Zero-

【セルフレビュー】 Singularity
冒頭の印象的なメロディーから始まりギターリフからラウドに駆け抜けるこの曲は、特異点というその名の通り既存のラウド、ヘヴィー系という一定の基準を持ちながらも、それだけでは説明し切れない楽曲。核となるのは歌の持つ力、音楽の普遍性、自分達である為の証明。それらを通して多くの人々と繋がる事への願い。
荒々しさ、強さ、弱さ、人の持つそれらを受け入れてなお前に進むVorchaosというバンドそのものを体現した曲でもある。ラウドミュージック、バンドサウンド、音楽を愛する全ての人へ。



2013.11.8

1st Album "Vortex of chaos"


オーセンティックでモダン、エクストリームでキャッチー
事象の二面性や人間の放つ感情の渦の断片を表現した楽曲を携え、重く鋭いアグレッシブなサウンドで、独自のラウドミュージックを構築するVorchaosが、満を持して渾身の1stフル・アルバムを放つ!



1. not ONLY ONE
2. Chaos core
3. 誰そ彼
4. Interlude~Unleash the wild~
5. Monster
6. 碧 限りなく…
7. Interlude~Nobody~
8. 幻想DIMENSION
9. あの丘の向こう
10. Catastrophe
11. Decided only way forward
12. Unchanged the world
13. テクノブレイク
14. Give a cry
15. Acoustic Chaos core end (Bonus Track)


テクノブレイク
nonLinear Metal DynamiX 2015 PREMIUM Vol.1
2015.04.10 @TSUTAYA O-WEST (渋谷)


|| OFFICIAL SITE ||

【第1回】自己紹介
【第2回】ギターアンプについて
【第3回】日本のギターも素晴らしい
【第4回】バンドマンと楽器プレイヤー
【第5回】久しぶりにCDを買うと・・
【第6回】バンドにとってのワンマンライブ
【第7回】ラウドロックというものについて
【第8回】続けること
【第9回】僕の愛機はDEAN GUITARS。
【第10回】DEAN vs S7G 渋谷バトル!
【第11回】楽器メーカーの想い,プレイヤーの想い
【第12回】メジャーデビュー!&コラム1周年!
【第13回】Vortex が Chaos なんだぜ。
【第14回】Vorchaos的メジャーとインディーズの違い
【第15回】ツアーの醍醐味
【第16回】エフェクターの話
【第17回】ドクターマーチンの話
【第18回】ギターインストの楽しさ
【第19回】アルバムのリリース・ツアーってさ。
【第20回】ベトナムでロックした話
【第21回】その人にしか出せない音という境地
【第22回】岡山でマーティーさんと共演した話
【第23回】やれる時にやっといたほうがいいんだなって話
【第24回】今年もお世話になりましたご挨拶的な
【第25回】今年もよろしくお願いします
【第26回】メジャーデビュー1周年ライブをやったのさ
【第27回】ラジオ番組始まるってね
【第28回】ラジオの話
【第29回】オランダのバンドとツアーした話
【第30回】韓国でメタルした話